よくあるご質問

あすなろ・なかよし体操クラブ

045-803-3678

〒245-0018 神奈川県横浜市泉区上飯田町281

【営業時間】11:00~21:00 (土日9:00~21:00)【定休日】不定休

よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

Q

体操を習って得られることは何ですか?

A

そろばん教室やピアノ教室、英会話など様々な習い事がある中で、身体を動かす習い事のひとつとして体操が人気を集めています。
 

バランス感覚や柔軟性を養える

「生きる力を育む」をテーマに、ヒップホップやリズムダンスが必修科目になって以来、小学校に上がる前に運動神経を向上させる目的として、注目を浴びるようになってきました。そんな体操では、身体を反らせる・足を開く・飛び跳ねるなど、様々な動きを行いますので、総合的な運動能力の基礎が身につきます。

この総合的な運動能力の基礎がバランス感覚や柔軟性を養い、瞬発力や筋力がつくことで綺麗でしなやかな動きができる上に、怪我をする可能性が低くなります。
 

基礎体力を高めて健康的な身体が手に入る

21世紀に入ってから、パソコン・スマートフォン・テレビゲームの利用増加や、インターネットを利用した習い事を中心に生活している子供が増えています。

一般的に筋力発達は小学生から高校生にかけて、大きな変化が見られると言われている中で、身体を動かす機会が減り、体力低下に繋がることも多いのです。
小さい頃から体操の習い事を行うことで、筋肉を適度に発達させ基礎体力を高めることができ、病気に負けない身体づくりを目指せます。

 

人間力を育む情操教育に最適

子供の想像力や個性、情緒、道徳的な価値観を育む情操教育は、一般的に音楽・図工・道徳などの教科で行えますが、体操は豊かな感受性と表現を育むのでおすすめです。

知的好奇心と創造力が大きく関わってくる体操の練習では、団結力や協調性が欠かせません。練習の中で生まれる連帯感は、おのずと思いやりの心を育くむことができ、礼儀やあいさつなど、様々なことを身につけられるのです。

横浜市で「様々なことを得られる体操を子供に習わせたい!」とお考えでしたら、当クラブをご利用ください。
体操初心者の未就学児を対象とした幼児コースや、親子で行う体操遊びを中心に、子供の運動能力の向上に努めることができる親子体操教室など、その他様々なコースや教室をご用意しています。会費割引や体験入学もありますので、お気軽に横浜市泉区にある当クラブへお越しください。

Q

運動嫌いを克服させたいのですが?

A

運動嫌いを克服させるなら

運動が苦手なお子様は多く、運動の苦手な子供の心情に同情して、運動をするように言い出せないお父さん、お母さんもいらっしゃるかもしれません。しかし、成長期の運動は子供の将来に関わってくる大切な要素の一つです。子供が運動嫌いになってしまう理由とはどこにあるのでしょうか。

 

運動嫌いになる理由

子供が運動嫌いになってしまう理由は、単純に運動が苦手なことが大きく影響しています。苦手としていることや上手くできないことに対してストレスを感じるのは、大人も子供も同じです。また、思春期の子供は異性の目なども気にするようになるので、羞恥心によって運動に対する意欲をなくしてしまうケースもあります。
また、苦手だから嫌いという負の連鎖を続けていくことで、運動だけでなく様々なことから逃げ出す癖がつく可能性もあります。
こうした意識は、子供のうちに変えることが大切です。子供が嫌がっているからといって親が諦めてしまうのは危険なことなのです。

 

親のサポートが大切

子供が最も影響を受けるのが、親の行動や発言です。子は親の鏡というように、子供は親をお手本として成長していきます。
そのため、親が日頃から物事を簡単に諦めることや、嫌なことから逃げ出すことを繰り返していると、その様子を見ている子供も嫌なことはしなくても良いと考えてしまうかもしれません。また、子供だけに苦手なことをやらせようとすると、反発されることもあります。お父さん、お母さんも一緒に頑張ろう、という姿勢が大切です。

 

運動を好きになってもらうには

嫌いだからといってそのまま放置することもいけませんが、無理強いをすると、ますます運動嫌いになってしまう可能性があります。そのため、嫌いなものを強制的にやらせるのではなく、好きなものにしていく工夫が必要です。「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、運動でも勉強でも前向きに頑張ってほしいと思うなら、まずは好きになってもらうことが大切です。
運動を好きになってもらいたいなら、楽しい環境で体を動かす子供体操教室などがおすすめです。
子供体操教室は、いまやピアノ、書道、そろばん、水泳などと並んで人気のあるならいごとの一つです。

横浜で、楽しく体を動かすことのできる子供体操教室をお探しでしたら、ぜひ当クラブをご利用ください。
一人一人の運動能力に応じた指導を行いますので、運動嫌いのお子様でも無理なく続けることができます。
また、体操に必要な心・技・体の全てを指導しております。お子様のしつけでお困りの方もぜひご検討ください。
会費や体験入学について気になることがあれば、お気軽に当クラブへお問い合わせください。

Q

幼児期における運動の重要性を教えてください

A

幼児期における運動の重要性

情報化社会とも呼ばれ、インターネットを利用できる環境が整っている現代では、運動よりも勉強など座学の人気が高くなり、重視している方が多くなっているように感じます。こちらでは、運動の重要性やおすすめの運動方法について紹介いたします。

健康的な体の形成や運動能力の向上

幼児期における運動は、将来的に健康的な体の形成や運動能力の向上性に大きく関わっていると考えられます。
体を形成するのは、食事によって体内に入った栄養素ですが、その栄養素を消化し吸収して循環させるには、体の各機能を発達させる必要があります。また、運動する習慣を早くに身につけることは、成人してからの運動不足による生活習慣病の予防にも繋げることができます。

 

意欲的な心や社会性の発達

運動がストレス発散になることは、多くの方がご存知だと思います。これは、成人に限らず幼少期の子供に言えることです。
幼少期の感情は素直なので、ストレスを強く感じることによって健やかな心の形成の妨げになってしまう可能性が高くなってしまいます。そのため、積極的に体を動かす遊びをさせることが大切です。また、色んな遊びを体験して、褒められた体験は意欲的な心を形成することにも繋がります。

 

おすすめの運動方法

幼少期の運動はバランスを考えることが大切です。もし、筋力が偏ってしまうと、弱い筋肉に大きく負荷がかかり、怪我をしやすい体になってしまうことがあります。体のバランスを考えた全身運動には、体操が最も適していると言われていますので、幼児体操教室がおすすめです。筋力が弱く、体のバランス感覚が未熟な幼児に、運動させることを不安に感じる方は多いと思いますが、幼児体操教室でもある当スクールでは、プロによる指導が受けられますので安心です。

横浜で、幼児体操教室をお探しでしたら、ぜひ当スクールをご利用ください。幼児コースからトップアスリートコースまで、子供に合ったコースをお選びいただけます。運動や技術的な指導だけでなく、しつけにも繋がる心の教育にも努めています。
もし、検討中の方がいらっしゃいましたら、会費や体験入学についての質問も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

Q

ゴールデンエイジに体操を学ばせるメリットはありますか?

A

ゴールデンエイジに体操を学ばせる

ゴールデンエイジは誰にでも人生に一度だけ訪れる、スポーツトレーニングに一番適した時期のことを言います。
ゴールデンエイジはスポーツだけではなく音楽の分野にも当てはめることもできるのです。
こちらではゴールデンエイジと体操の関わりについてご説明いたします。

 

プレゴールデンエイジ

プレゴールデンエイジは3歳から8歳に訪れる、ゴールデンエイジに向かう前の準備期間のことです。
基本的な動作を身につけておくための大切な時期とも言えます。この時期では神経系が著しく発達するので、様々な遊びやスポーツで多種多様な動作を経験させ、身体を動かすことの楽しさを教えるといいでしょう。

 

ゴールデンエイジ

9歳から11歳頃に訪れるのが、いわゆる伸び期と言われるゴールデンエイジです。プレゴールデンエイジでの多種多様な経験が非常に重要となってきます。この時期になると今までできなかったことが、突然できるようになったり、技術やセンスが磨かれる時期と言えます。また、ゴールデンエイジでは短時間であらゆる物事を覚えることもできるのです。

 

ゴールデンエイジと体操

体操はすべてのスポーツの基礎となります。プレゴールデンエイジやゴールデンエイジの時期に体操を学ぶことで、子供たちの脳や身体に様々な刺激を与えてくれます。プレゴールデンエイジでマット運動や跳び箱など動くことの楽しさを知り、ゴールデンエイジでそれを活かすことで爆発的なスキルを身につけることができるのです。プレゴールデンエイジ・ゴールデンエイジの時期に体操で積んだ経験は、今後様々なことに活かされること間違いありません。
 
当クラブは神奈川県横浜市にある体操教室です。人生に一度しか訪れないゴールデンエイジを当クラブで過ごしませんか。小さなお子様でも参加できる幼児コースでは、体操初心者の未熟学児を対象とし、マット運動などを中心に丁寧な指導を行います。

また、親子でふれあいを中心に楽しく練習を行う親子体操教室もおすすめです。会費や開催日時についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。横浜市や藤沢市周辺で体操教室をお探しの方はぜひ当クラブをご利用くださいませ。

Q

習い事に体操が人気な理由は?

A

習い事に体操が人気な理由

好奇心旺盛な幼児期はスポンジのように物事を吸収すると言われています。学んだことは成長してからも役立ちますから、その時期に習い事をさせたいと考える親御さんは多いと思います。子供の成長を支える習い事は様々あり、体操教室なども人気です。こちらでは何故体操教室が人気なのか紹介させていただきます。

 

基礎体力だけではなく協調性も養える

跳び箱やマットといった運動で鍛えられるのは基礎体力だけではありません。バランス感覚や柔軟性、筋力などを養い、協調性を身につけるのにも効果的です。体操教室には様々な年齡の子供たちがいます。年齡や性別、環境が違う友達と触れ合うことで、社会で生活していくために必要な協調性やルールを覚えていくでしょう。また、友達が頑張る姿勢には良い刺激を受けます。頑張って挑戦している姿勢に応援する気持ちが芽生え、自然と心遣いも身についていきます。

 

脳の発達にも良い刺激を与える

体操は子供の心と体、そして脳にも良い刺激をもたらします。例えば、マット運動で基本となる前転ですが、ただ回転をすればいいというわけではありません。意識的におへそを見る、膝は深く曲げないなどいくつかポイントがあります。
どのタイミングでどういった動作をすればいいのか、常に頭を働かせながら行うことは脳を鍛えることに繋がります。

また、頑張ってできたときの達成感や高揚感は、精神面の安定に大きな影響を与えます。そして、「頑張ればできる!」と自信がつくようになるのも素晴らしいことです。こういった魅力があるからこそ、習い事に体操教室が選ばれているのでしょう。
お子様の習い事を考えている方は、様々なことを得られる体操教室を検討してみませんか。

横浜市にある当クラブでは体操初心者におすすめのビギナーコースをはじめ、いくつかのコースをご用意しております。
横浜市や大和市周辺で体操教室をお探しの方は当クラブにお任せください。会費割引や体験入学などもありますので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

Q

体操は運動が苦手な子供におすすめな理由は?

A

体操は運動が苦手な子供におすすめ!

体操には鉄棒やとび箱など様々な種目があります。体操は運動が苦手な子供や、体操をしたことがない初心者の幼児まで、幅広く楽しむことができるおすすめの習い事です。

 

鉄棒の逆上がり

鉄棒の逆上がりは鉄棒運動の中にある上がり技の一つで、地面に足がついた状態から地面を蹴り上げ、身体を回転させながら棒状に上がります。鉄棒の中で一番メジャーかつ基本的な技がこの逆上がりで、子供たちの遊びとしてもよく行われるものです。

全身を使って行う逆上がりには、その動作の中で手足の協応能力が身につき、逆さになって回転するので平衡感覚も養われます。また、逆上がりができるようになる楽しさを体験することにより、鉄棒が好きになり、「できるようになる」ことの大切さを学ぶことができます。

 

とび箱

とび箱はできる、できないがはっきりとしている運動で、難しい条件でできるようになった時の達成感や克服感を味わうことができます。他にも、浮き上がった身体を上手くコントロールしてとび箱を飛び越える楽しさも味わえます。また、とび箱を行うことにより、児童期に最も発達するといわれている平衡感覚や柔軟性など、様々な運動機能や身体操作に必要な基礎感覚を養って身につけることができます。

 

バク転

アクロバティックで難しい技がバク転です。「バク転ができたらカッコイイ」と思っている小学生の子供もいるかと思います。
また、この難しい技であるバク転を習得することによって「自分にも難しいことができた」と自信にも繋がります。他にもバク転は、足や腰、背筋や腕など身体全体を使って行う技なので、習得するうちに全身が鍛えられると共に、運動能力も発達していきます。

カッコイイバク転を身につけて、これからの自信に繋げてみてはいかがでしょうか。

子供の運動能力や身体能力向上に体操はおすすめの習い事です。
横浜市にあります当クラブでは、あすなろ体操クラブとなかよし体操クラブを設けて、一人一人に合わせた体操を行うので、初心者でも安心して体操を楽しめるクラブです。また、会費などの料金についてもご相談に応じます。子供の運動不足解消や幼児の運動機能発達にも繋がりますので、習い事をお考えの親御さんは、ぜひ当クラブの体操教室をご利用ください。

Q

運動不足が子供に及ぼす影響は?

A

運動不足が子供に及ぼす影響

現代では、子供の運動不足による運動能力の低下が指摘されています。運動が苦手で運動嫌いだったりする子供も多く、運動する機会も減っています。それでは、運動不足が子供にどういった影響を及ぼすのでしょうか。また、子供の運動不足の対策として、子供体操教室で運動する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

運動能力が下がる

運動不足による一番の影響は、運動能力が下がることです。
運動能力が低いと物にぶつかったり、階段で足を踏み外して転んだりと日常生活の中で多くの障害が発生してしまいます。
また運動能力が低下した子供に多い特徴は「授業中にジッとしていられない」「背中を丸めて歩く」「すぐに疲れてしまう」などです。幼児期から運動不足だと、生活に必要な基礎動作や筋力が身につかず、様々な問題が起きてしまうのです。

 

肥満児の増加

運動不足と、現代のコンビニエンスストアやファストフードといった、簡単に高カロリーの食事ができる環境が肥満児増加の原因になっています。他にも、テレビゲームやパソコンといった室内で遊ぶ子供が増えたことも要因のひとつだといえます。

また、外で身体を動かしたくても公園などの遊ぶ環境がないといったケースも珍しくありません。肥満は高血圧や高血糖など生活習慣病に陥り、脳卒中や心疾患のリスクを高める危険性があります。

 

ロコモ症候群

ロコモ症候群とは、ロコモティブシンドロームのことで、運動器の病気や老化によって骨や関節、筋肉などが衰えることで引き起こされると考えられています。高齢者の症状として考えられていますが、子供の頃の運動不足による運動能力の未発達は、将来的にロコモ症候群になるリスクが高まるとの指摘もあり、子供ロコモ症候群と呼ばれるようにもなってきています。ロコモ症候群の一番の原因は運動不足です。ロコモ対策のためにも、子供には適度な運動を行う習慣をつけましょう。

子供の運動不足対策として子供体操教室がおすすめです。
子供体操教室に通うことにより、運動が好きになり、運動を行う習慣も身につきます。横浜市にあります当クラブは、人気がある子供体操教室としてなかよし体操クラブと、あすなろ体操くらぶの2つのコースを設けて一人一人のレベルに合わせた指導を行い、身体を動かす楽しさを伝えます。また、当クラブの会費についても相談に応じます。子供の習い事や子供の運動不足解消をお考えの方は、ぜひ当クラブをご利用ください。

Q

年齢に適した運動とは?

A

年齢に適した運動をしよう

年齡に適した運動をご存知でしょうか。年齡に合っていない運動をすると、時には成長に影響をおよぼすこともあります。
体操は幼児体操教室などで、年齢に対応した適切な運動を効率よく行うことができます。

 

小学生低学年は動作

小学生低学年では動作を覚えるために、神経機能を鍛えるための運動を行います。
10歳くらいまでがピークで、運動に必要な基本動作を身につけることができます。この基本動作は友達同士の外遊びや教育課程の授業で行われる体育、その他にも体操でも鍛えることができます。特に体操は、平衡感覚などが鍛えられるのでおすすめの運動です。

 

小学生高学年は持久力

小学校低学年で基本的な動作を運動で身につけたら、次の小学校高学年や中学生時期は、心臓や肺などを鍛えて持久力機能が増す運動を重点的に行い、長時間の運動にも耐えられる丈夫な身体を作りましょう。心臓や肺などの機能を高めて持久力を鍛えれば、より激しい運動ができるようになるのです。この時期で持久力を鍛えておくことは、次の運動機能を鍛える際に非常に大事になってきます。

 

高校生以降は筋力

中学時代が終わる頃には身長が伸びて、最も成長する時期が過ぎた状態にあることが多いです。
その頃に筋肉を鍛えて筋力をつけます。この時期に筋力をつけないと身体を痛めてしまう可能性もあるので、しっかりと鍛えましょう。この時期に鍛えることにより、体操でも素晴らしいパフォーマンスができるようになりますよ。

小学生からの年齢に適した運動の段階に備えて、幼児体操教室でいち早く子供の身体能力を鍛えしつけておくことが、子供の将来にも繋がるのでおすすめです。
横浜市にあります当クラブでは、幼児体操教室として人気があるなかよし体操クラブの幼児コースがあります。
他にも、小学生や体操になれてきた子供のためのあすなろ体操くらぶなど様々なコースを用意しており、クラブ会費などの料金も相談に応じます。子供の習い事をお探しの親御さんは、当クラブの体操を通じて子供の未来への可能性を一緒に広げてみませんか。

Q

体操を上達させるためにできることは?

A

体操を上達させるためにできること

お風呂上りに柔軟体操

体操競技を行う際には、柔軟性がとても大事です。
体操競技練習前と後に行う柔軟体操も大切ですが、普段から柔軟を行っているとさらに身体が柔らかくなります。
一番いいタイミングは身体が温まっているお風呂上りです。身体が温まり筋肉がほぐれているので伸ばしやすくなります。
お風呂に入った後は、しっかりと柔軟体操で柔軟性を鍛えることが体操競技の上達に繋がります。

 

ルールの勉強

体操競技には細かいルールがたくさんあります。
例えば、ただ技を決めるだけではなく、技のキレや上手く着地できているかなど色々なところが採点のポイントとなります。
体操競技で行われる各技のポイントや着地の仕方など、様々なポイントやルールを勉強し頭に入れておくことが重要になってきます。技の評価ポイントやルールが頭に入っていることで、体操競技で高得点を狙う演技を意識することができます。

 

筋力トレーニング

体操を行う際は、筋力強化も重要なポイントです。体操競技で行われる技の中には、腕一本で自身の体重を支えなければいけないものもあります。そういった技を行うために筋力トレーニングをしっかりと行い、体操に必要な筋力を身につけましょう。
体操に必要な筋力は、体操の技術によって変わってくるので、技術に見合った筋力トレーニングを行う必要があります。初心者の小中学生の場合は、筋力トレーニングよりも体操競技に必要な基礎体力や柔軟性を鍛えて、身体がしっかりと成長した中高校生あたりから、徐々に筋力トレーニングを取り入れましょう。

当クラブのアスリートコースの場合、中高生だけではなく小学生でも筋力トレーニングを取り入れ、体操競技に必要な基礎体力や柔軟性、運動感覚を育成します。

 

休養も大切

日々コツコツと体操競技の練習を行うことも大切ですが、身体を休めることも非常に大切です。
休養には怪我を防止したり、練習やトレーニングの効果を高めたりするためにも必要です。体操競技を上達させるためにもしっかりと身体を休めて、万全のコンディションを保ちましょう。

体操を上達させるには体操教室での練習と合わせて、ご自宅でも様々な取り組みを行ってみてはいかがでしょうか。しかし、間違った自己流のトレーニングは故障を招くこともあります。正しいトレーニングをするためにも、体操クラブの指導が必要です。

横浜市にあります当クラブは、体操の初心者の子供から体操選手を目指す子供まで、幅広く対応したコースを設けております。小学生以下の幼児にも対応した幼児コースの体操教室もあります。会費等の料金の相談にも応じますので、横浜市や藤沢市などで子供の習い事をお探しの親御さんは、ぜひ当クラブをご利用ください。

Q

体操競技の種目は?

A

体操競技の種目

体操教室で行われている様々なコースの中には、子供が体操競技選手を目指すアスリートコースもあり、その練習メニューにはオリンピックで行われる種目もあります。

 

ゆか

体操競技種目の一つである「ゆか」は、12m四方の中で70秒以内に演技を行います。
ゆかで行う体操運動である「力技」「平均技」「跳躍技」「静止技」「倒立回転技」「宙返り技」「跳ね起き技」を組み合わせて構成する演技です。複数の技を組み合わせた宙返り技や跳躍技など、ダイナミックな演技が見所の種目です。この種目での魅力的なポイントは技の完成度と高さです。

 

平行棒

「平行棒」はバーのしなりを利用して行う体操競技種目で、2本の平行なバーを使用して演技を行います。
平行棒の演技は「腕支持の技」「棒上の技」「棒下の技」「倒立」「静止技」を組み合わせて構成されます。
体を大きく振る振動技の雄大さやバーのしなりを利用した連続技が魅力的な種目です。

 

鉄棒

鉄製のバーを使用して静止することなく演技を行うのが「鉄棒」であり、オリンピックの体操競技で行われる鉄棒の高さは280cmと非常に高い場所で演技することになります。鉄棒はバーを一度放して技を行った後にまたバーを掴む「手放し技」や前後方に大きく回転する「車輪」、バーにぶら下がって行う「下り技」などを構成して演技を行います。捻りを組み合わせた下り技のダイナミックさや手放して技を行う美しさなどを、連続して技を行うスピード感と共に味わうことができるのが、この種目の魅力です。

体操の競技種目は男女によって違います。男子の場合は、上記以外にも「あん馬」「つり輪」「跳馬」を含めた6種目があり、女性の場合は「ゆか」「平均台」「跳馬」「段違い平行棒」の4種類があります。
憧れの体操選手を目指すのであれば、子供の頃から体操教室での練習が重要です。

横浜市にあります当クラブでは、体操初心者の幼児から体操競技選手を目指す子供まで対応した様々なコースを設けているので、子供の習い事としておすすめです。会費などの費用のご相談にも応じております。横浜市やその周辺の大和市などで子供の体操教室をお探しの親御さんは、ぜひ当クラブをご利用ください。当クラブでは、体操を楽しみながら体操競技選手を目指します。

お問い合わせはコチラ

〒245-0018 神奈川県横浜市泉区上飯田町281 【営業時間】11:00~21:00 (土日9:00~21:00) 【定休日】不定休

TOP